鉄板イタリアン 名古屋伝統のナポリタン B級名古屋めしの代表格

熱々の鉄板の上で湯気を上げ、ジュージューと音を立てる「鉄板イタリアン(ナポリタン)」。
東日本ではナポリタン、西日本ではイタリアン。名古屋の鉄板イタリアンは卵が絡む別次元の美味しさ

鉄板イタリアン

熱々の鉄板の上で湯気を上げジュージューと音を立てる
程良く焼きあがった卵がイタスパに絡む。懐かしく新しい味

ナポリタンとイタリアンは同じもの

発祥のホテルニューグランドのナポリタン
一般的なナポリタンとは別次元の御料理。

ハム・ベーコン・赤ウインナーなどの肉類と、玉ねぎ・ピーマン・マッシュルームなどの野菜、茹でおきされたスパゲティを炒め合わせたトマトケチャップ味のスパゲティ。
イタリアには無い日本製のパスタは、発祥の横浜を中心に東日本では「ナポリタン」と呼ばれ、西日本では「イタリアン」と呼ばれます。

日本全国の洋食店・喫茶店で必ずと言っていい位メニューに載っていた和製スパゲティ・イタリアン(ナポリタン)は、時代の流れと共に徐々に見かけなくなりましたが、名古屋では独自に進化し「名古屋めし」として根強い人気を保っています。

名古屋では「イタリアン」と呼ぶ方が主流。イタスパと呼ぶこともあり、イタスパの“イタ”はイタリアと鉄の両方に掛かっているとの説もあるくらいイタリアン=鉄板イタリアンに直結。

名古屋で発祥「鉄板イタリアン」

ステーキ用の鉄皿なのになぜか「鉄板」と呼ばれています。鉄板イタリアンの元祖・喫茶店「ユキ」のメニューでは「イタリアンスパ」です。

熱々の鉄板にうず高く盛られたイタスパ。
この鉄皿はもともとステーキやハンバーグなどが冷めないように出せる洋食の皿。1960年代初頭に名古屋の老舗喫茶店「ユキ」の店主が「スパゲティが冷めないように」とこの鉄皿でイタリアンを出したことが始まり。

熱々に熱したステーキ皿にイタりアンを盛り、溶き卵を縁から流し込むことでさらに保温力もUP。程良く焼きあがった卵とスパゲティが絡まる、これまでとは一味違うおいしさが評判を呼び、名古屋の喫茶店に一気に広がりました。

元祖・鉄板イタリアン 喫茶店「ユキ」

鉄板イタリアンの人気店

ゆで上げのアルデンテなパスタが好まれる昨今では、イタリアン(ナポリタン)は昭和レトロな食べ物として扱われがちですが、名古屋では堂々の人気ぶり!鉄皿でグツグツ熱々なのはどこか味噌煮込みうどんみたく、酸味の奥に甘みを感じるケチャップの濃い味付け。さらにイタリアンの下にある卵、鉄皿の黒と見た目のハデさは十分で、いかにも名古屋人好み♪

キャラバン

キャラバン

じっくり煮込まれたたっぷりのトマトソースと、最後まで固まらないトロットロの卵

大須せろり

大須せろり

もちもちの自家製生パスタと自家製ケチャップで丁寧に作られる大須せろりのイタリアン

はせ家

はせ家

定番の鉄板イタリアンはもちろん、ミートソース、カレーソースの鉄板スパも

ダッカ

ダッカ

名古屋三大超メガ盛り店の一角・ダッカのビッグサイズへの挑戦で日々賑わいます。

サンモリッツ

サンモリッツ

やや細めの麺を用いたイタリアンを包むようにふわっふわに膨れあがった卵。

チェスティーノ

チェスティーノ

オリジナルのトマトソースは複雑で独特な旨み。中太のパスタは茹で立てのアルデンテ!

様々なメニューを独特に昇華させ、名古屋めしとして深く愛し続ける名古屋人にとって、「鉄板イタリアン」は立派な名古屋めし。
人気が沸騰した時期を知る年配層にとっては懐かしさが伴う、若い世代にとっては純粋に慣れ親しんだ気軽な美味しさ。さらに見た目はそのままにアルデンテ麺でリメイクしたバージョンや、もうひとつの名古屋スパ「あんかけスパ」との掛け合わせ、トッピングにも趣向を凝らすなど、まだまだ鉄板イタリアンの進化は続いています。また、イタリアンではなくカレーソースなどの「鉄板スパゲティ」へ亜種的変化も。

いろいろあるよ♪名古屋めし「麺」


名古屋のご当地ラーメン特集