新台湾ラーメン 進化する名古屋めし 台湾ラーメンは新時代へ

今や全国的にも名の知れる名古屋のご当地ラーメン「台湾ラーメン」は新・台湾時代へ!まぜそば・油そば・つけ麺・汁なしなど味もスタイルも多様に進化中

進化系台湾ラーメン

名古屋発祥のピリリと辛い台湾台湾ラーメン。まぜそば・油そば・つけ麺・汁なしなど、味もスタイルも多様に進化中♪

台湾ラーメンは新時代へ!

麺の上に炒めた豚ひき肉とニラがどっさり。スープは鶏ガラベースの醤油味。そして、たっぷりのニンニクと唐辛子。店によって差はあるものの、これが「台湾ラーメン」の標準的なスタイル。

進化系台湾ラーメンの代表格・麺屋はなびの「台湾まぜそば」©麺屋はなび

中華料理店系でも、ラーメン専門店でも、実は以前からチョロチョロ見かけることもありましたが「コレで勝負する」というほどの勢いもなかった台湾ラーメンの新しいスタイル。

他店の人気を模倣することで加速度的に新ジャンルを確立するのが名古屋めしの身上ですから、従来の台湾ラーメンが人気の店ではほとんど見られなかった進化した台湾ラーメンも2010年頃から徐々に台頭、浸透し、今では堂々・定番のなごやめしのひつととなっています。

そもそも名古屋には「皆で盛り上がれば良し」という風土があります。「台湾ラーメン」の元祖・味仙ではその名を登録商標にしたりせず自由に使うことを良しとし、また、喫茶店のモーニング、鉄板スパや味噌カツ、手羽先にしても、皆で味やサービスを競い合って大きく広まるかるからこそ「名古屋めし」という地域食が成り立つのです。

人気の進化系台湾ラーメン

ただ単に「唐辛子の辛味が利いたラーメン」というだけ、またはベースが塩味・味噌味など醤油ベースでは無い、スープが豚骨… ありきたりな変化では全く新鮮味がありません。
台湾ラーメンの定義「ひき肉とニラ・もやしなど野菜がどっさり」で「ニンニクと唐辛子がピリリと辛い」を“台湾”と呼ぶ定義とし、芝麻醤を用いない(芝麻醤が入ると坦々麺の領域ですから)ラーメンを勝手に「進化系台湾ラーメン」と呼ぶことにします。

元祖台湾まぜそば 麺屋はなび

元祖台湾まぜそば 麺屋はなび

台湾まぜそばのスタイルを確立した元祖は今現在も進化中

台湾油そば 麺屋 桜

台湾油そば 麺屋 桜

自慢の魚介の旨み効いたタレで比較的アッサリ。後追いの白湯スープで二度美味しい。

人生餃子

皿台湾 人生餃子

汁の全くない一見モヤシ炒め。第2回なごやめし博覧会・新なごやめしコンテスト“敢闘賞”受賞

台湾つけ麺 つけ麺 丸和

台湾つけ麺 つけ麺 丸和

石鍋でグラグラと煮えたぎるつけダレが刺激的な辛さ。つけ麺に拘る丸和で定着するか?!

台湾まぜそば 中華そば鶴舞一刻屋

台湾まぜそば 中華そば鶴舞一刻屋

マヨネーズ・山椒・すりゴマ・カレー粉。お好みで味変~♪

台湾まぜそば 博多座射豚

台湾まぜそば 博多座射豚

汁なし!油なし!食感が楽しい揚げ玉。汁の無い分絡まり切らない具は、無料の追い飯で

麺の坊 五月晴れ

名古屋つけ麺・名古屋まぜそば 麺の坊 五月晴れ

つけ麺で人気の「晴レル屋」直営。人気は全部乗せ~♪

台湾あんかけまぜそば スタミナ台湾ラーメン専門店辣風旋

台湾あんかけまぜそば スタミナ台湾ラーメン専門店辣風旋

2013年7月オープン。ありそうで無かった独創的あんかけ台湾

名古屋のご当地ラーメン特集


台湾ラーメンの人気店