赤味噌は名古屋めしの味の決め手

味噌煮込みうどん・味噌カツ・味噌おでん・どて煮などの名古屋めしはもちろん、家庭でいただく味噌汁も赤味噌。黒褐色で渋味のある赤味噌は名古屋人にとって心の味

赤味噌・八丁味噌

名古屋めしの代表格「味噌煮込みうどん」や「味噌カツ」はもちろん、伝統料理の味噌おでん、どて煮などにも用いられてきた赤味噌・八丁味噌は名古屋人のソウルフード。家庭のお味噌はもちろん、なごやめしも赤味噌が決め手!

赤味噌(八丁味噌)

味噌煮込みうどん

赤味噌の渋みが独特の風味。名古屋めしの代表格「味噌煮込みうどん」

「味噌煮込みうどん」「味噌カツ」に代表される“なごやめしの味の決め手”赤味噌。
大豆を蒸し上げ、2年もの長期熟成によってうまみが凝縮、渋みがあって塩分が多く、甘みが少ない「赤褐色の豆味噌」は、一般的には甘みを加え「田楽味噌」、または調味料などを加えて作られる「赤だし味噌」など、料理の素材によって、または目先を変える目的などで用いられたり、他の味噌とあわせ「合わせ味噌」として用いることも多いのですが、愛知、岐阜、三重の東海三県では家庭でいただくお味噌汁にもこの「赤味噌」を用います。

名古屋で味噌といえば赤味噌(八丁味噌)。「味噌おでん」「どて煮」など、赤味噌の渋みに甘みを加えた「黒褐色の甘辛味」は名古屋人にとって心の味なのです。

家康も好んで食した赤味噌

東海三県でそのほとんどを生産・消費される「赤味噌」。一般的には八丁味噌と呼ばれ、徳川家康生誕の地、愛知県岡崎市の岡崎城から八丁(約900m)離れた八帖町(旧八丁村)で作られたことがの名前の由来だそうです。
家康も好んで食したという八丁味噌の素材や長期熟成などの製法を江戸時代から守り続ける八丁味噌の老舗で、赤味噌のルーツに触れることができます。

八丁味噌

東海三県で味噌と言えば「八丁味噌」

まるや八丁味噌

豊臣秀吉が日吉丸と呼ばれた幼少期のエピソードも残る1337年創業の老舗では、実際の味噌作り工程を見学できます。みそかりんとう、八丁味噌ふりかけなど、オリジナル商品もあって楽しめます。

カクキュー

2006年のNHKの連続テレビ小説「純情きらり」の舞台となったカクキュー。明治40年築の味噌蔵にマネキン人形で昔の仕込みの風景などを再現。およそ30分の工場内見学中はガイドさんが様々な味噌にまつわるエピソードなどを語ってくれます。