きしめん 平べったい麺 製法・原料はうどんとほぼ同じ

やや濃い目のカツオダシにネギ、油揚げ、たっぷりかつおぶしを乗せるのが基本形
名古屋のうどん屋さんでは、煮込みうどんの専門店以外なら大抵きしめんがいただけます。

きしめん

平べったい形状が生む独特の舌触り、のど越し。
名古屋のうどん屋、食堂などにはメニューに大抵ある、最も身近で日常的な名古屋めしのひとつ

きしめん

きしめん

鰹だしと味噌の香りが食欲をそそります。

ご存知の平たい麺。“平べったい”形状以外には製法的にも原料的にも、一般的なうどんとほぼ同じ「きしめん」。

この平たい麺に、やや濃い目のカツオダシ風味のつゆ。ネギ、油揚げ、かつおぶしをたっぷり乗せるのが基本形で、カマボコ、ほうれん草などの青物、椎茸など、きしめんの本領である平麺の“するする”とした独特の食感、のど越しと、鰹ダシの風味を損ねないように吟味された具材が定番。

普通のうどん同様に冷やしきしめん(当地では「ころきしめん」または「きしコロ」と言います)、海老天きしめん、ぶっかけきしめんなどのバリエーション、トッピングも当然のようにあり、焼きそばやカレーうどんのきしめん版なども普通に存在します。

きしめんの由来

きしめん2大人気店

きしめんは一般に食べる日常的な料理なので、街のうどん屋さんや食堂はもちろん、味噌煮込みで有名なお店や居酒屋など、幅広いジャンルのお店でメニューに採用されています。
そんな中でも、やや濃い目のカツオダシにネギ、油揚げ、たっぷりかつおぶしを乗せる「伝統的なきしめん」が超有名・超人気の、対照的な2大人気店と、きしめん人気店

宮きしめん

宮きしめん

名古屋市の中心部、東海道の宿場町として古くから賑わいをみせてきた熱田神宮を発祥の地とし、宮司様から熱田神宮の「宮」の名前を屋号に冠することを許された、由緒ある歴史を持つ「宮きしめん」。
素材と製法にこだわる製麺会社の営む直営店

住よし

住よし

新幹線名古屋駅のホームに漂うあの鰹ダシの香り。先ず間違いなく“世界一”食べられているこの店のきしめんは、まさに「きしめんのスタンダード」。名古屋人もきしめんと言えばこの味!と認める「早い・安い・美味い!」JR名古屋駅ホームでの立ち食いきしめん店「住よし」

きしめん亭

きしめん亭

地元ではテレビCMも流れる老舗店。きしめん以外も多彩なメニュー

きしめんよしだ

きしめん よしだ

関西風のあっさりとしただしに、もっちりとした食感の若干厚い麺

老舗川井屋本店

川井屋本店

名古屋伝統の一等住宅地にある大正10年創業の老舗